タイトル画像

トップ> アイススケート>

◆アイスホッケーを始めようと思っている方へ

ホッケー靴の画像

アイスホッケーを始めたい人は、どこに行けばいいのか。

本を読みながらホッケーの練習するというのは、ちょっと難しいと思います。

もちろん近くのスケートリンクでホッケーを教えてくれているならば、それに申し込むのも一つの手です。

アイスホッケー部がある学校に通っている人は、そこへ入部するのも良いでしょう。

しかし、周囲に適切な環境が無い場合は、一つの方法としてカジュアルホッケーがあります。

カジュアルホッケーとは、簡単に言うと「スケートリンクでホッケーの道具が使える時間」のことです。

ただ、リンクの手すりから離れて自力で滑走できない人は、通常のスケート教室から始めた方が無難でしょう。

またスケート靴以外の道具の貸し出しは基本的にありませんので、事前に用意することが必要です。

◆カジュアルホッケーって、どんな感じ?

まず一般滑走では禁止されている練習が出来ます。

例えばストップやターンなどのスケーティングや、リンクの一般滑走では使えないスティック・パックなどを使ったハンドリング(ドリブル)・パス・シュートの練習などです。

普段の営業時間は、リンクを左回りにしか回れないところが多いので、右回りに回ることは良い練習になるでしょう。

簡単なゲームにも参加できるので、ポジションの勉強にもなると思います。

ふらふら滑るホッケー初心者からプロまで、本当に様々な選手が参加します。

どんなレベルの方も楽しんで練習できるでしょう。

◆ビジターとして練習に参加!

社会人のチームなどは、お金さえ払えば練習に参加できるところも多いです。

この参加者をビジターと呼びます。

しかしビジターを歓迎しているチームは、練習時間が深夜に及ぶところも少なくありません。

ホッケーの貸し切りは一般滑走以外の時間に行われます。

朝や夜の利用しやすい時間帯は、高校生や女子のチームを優先されることが多く、社会人男性は深夜に練習することもザラです。

時間的な理由から、行きと帰りに電車を利用しにくいことがありますので、自動車はあった方が便利でしょう。

ワンボックスカーであれば数人分の防具も搭載できるので、更に重宝します。

※深夜の練習後にクルマを運転する時は、気をつけてください。

ただ、この方法もスケートリンクが近所に無い人には厳しいと思います。

ホッケーは社会人が続けるには、他のスポーツと比べて少しハードルが高めかも知れません。

まずはカジュアルホッケーで感触をつかみ、ビジター練習で所属するチームを選びましょう!

雪の結晶

フィギュアスケート靴の画像ホッケー靴の画像
スケートに関する商品を【楽天市場】で探す

楽天アフィリエイトバナー

必要に応じてスケートリンク等でも参照ください↓

QRコード