タイトル画像

トップ> インラインスケート>

◆日本でインラインスケートを練習するには…。

日本でインラインスケートを滑れる場所は少ないです。

近ごろは、スケボーなどを禁止する公園も増えています。

スケートパークで練習できれば最高ですが、近所に無い場合も多いでしょう。

◆まず氷の上で練習してみては?

個人的には、いきなり路上で練習することは、あまりオススメしません。

なぜならアスファルトの上で転ぶとダメージが大きくなりがちだからです。

初心者の方は、まず氷上で滑る感覚を身に付ける方が良いでしょう。

氷の上は、よく滑るので転んでもケガをしにくいですし、洋服も破れにくいです。

ケガをしにくいといっても、過信はしないでください。

手袋は必ず付けるべきです。

ジャンプまでは覚えなくても良いと思いますが、手すりに触れなくてもスケートリンクを一周は回れるようににしておいた方が良いでしょう。

その上で路上で練習を始めた方が、ケガをしにくいと思います。

その時は、ヘルメットやプロテクターを付けた方が良いです。

※お子様の場合は必須です。

◆勝手に持ってくると窃盗になります。

上手くなってきて難しい技を練習するようになると、手首を傷めやすいので、手首のプロテクターを持っていたほうが良いでしょう。

当たり前ですが、工事現場からパイロンやパイプを無断で持ってくるのは犯罪です。

正規の手段で手に入れてください(苦笑)

雪の結晶

フィギュアスケート靴の画像ホッケー靴の画像
スケートに関する商品を【楽天市場】で探す

楽天アフィリエイトバナー

必要に応じてスケートリンク等でも参照ください↓

QRコード